忍者ブログ
NegaWORLD
 
[PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

健康のためにと思って散歩に出かけました。
普段使っているブーツはいい加減右かかと部分が摩耗し過ぎて、そのせいで靴を履いていないときにも右足首に変調を来すくらいにまでなってしまったため、今日は10年前に買ったバスケットシューズを履いて散歩に出たのですが、途中で左の靴底がかかとからベロッと剥がれはじめまして。
はじめのうちはペコペコいいながらも歩行に支障を来すほどではなかったのですが、そのうちみるみるつま先の方まで剥がれてしまって、どうにも歩きにくくなってしまったので、靴を脱いで裸足で残りの2kmほどを歩いて帰宅しました。
石を踏んだりして結構痛かったけれど、まあなんとかなるもんです。

せっかく意気揚々と散歩に出たのになあ、とボロボロになった靴を手に眺めながら、なんだかここ数ヶ月の自分の状態を象徴するような出来事だなとぼんやり思いました。
善かれと思ってやったことやこれまで積み重ねてきたもの、新しくこれにトライして自分の幅を広げて先へつなげていこう!・・・・と思っていた矢先に、全部無駄だしやめて帰れ、と言われているようです。

ここ数日間、形容しがたい無力感や虚無感に苛まれている原因のひとつは、宮崎駿監督の引退宣言です。
本当に青天の霹靂でした。
大げさに聞こえるかも知れませんが、僕にとっては人生の師は宮崎監督でした。作品が好きとかそういうこと以上に僕は彼の作品や発言や生き方から多くのことを受け取り学びました。他の誰よりも彼から影響を受けてここまでやってきたし、僕なんか比べ物になりはしないけれどそれでも背中を追いかけているような気持ちで生きてきたのです。
もちろん宮崎監督もいつまでも作り続けられるわけではないし、そろそろ最後だろうなという予感はありました。覚悟もしているつもりだったんですけどね・・・・でもショックでした。

足下に巨大な穴がぽっかりと口を開けたような、同時に全身の力が抜けてしまったような感覚に襲われて、何をしても上の空になった状態で数日を過ごし、引退会見の中継もネットで視聴しました。
「アニメーターという職業は自分に合っているいい職業だったと思っています。」という監督の言葉は本当に重く突き刺さりました。そう言える生き方を求めていたし死ぬまで求め続けるんだろうなと思っていましたが、それも叶わなくなりそうな今となっては、死ぬほど羨ましい言葉です。
ともあれ、長編アニメーション映画からの引退であって、まだまだやりたいことをあと10年はやるぞ、という意気に溢れた宮崎監督の姿はとても頼もしく、会見の映像を繰り返し見るうちに沈んだ気持ちも少しずつ上向いてきました。上向いた矢先の散歩中に靴底がはがれたんですけどね。

映像と言えば、今日ニコニコ動画で、アメコミヒーロー映画をマッシュアップした素晴らしい動画に出会いました。
My Chemical Romanceのエモーショナルな名曲”Welcome to The Black Parade”にのせて、素晴らしい編集でつなぎあわされたヒーロー達の勇姿ーピンチの時には誰よりも早く駆けつけ、傷つき苦しんでも立ち上がり、世界中に否定されても己の正義を信じて再び悪と闘って去っていくーを観ているうちになんだか泣けて泣けて仕方がありませんでした。映画の中の架空の人物なのに「ありがとう」と言いたくなる時って、ありますよね。エンターテインメントにはそういう力があると思います。
バットマンは「誰でもヒーローになれる。特別なことをしなくても。傷ついた少年の肩に上着をかけ、この世の終わりじゃないと励ませばいい」と言っていましたが、この言葉が僕の中では宮崎監督と結びつきました。
多分僕にとってこの現実世界でのヒーローは宮崎さんだったんだと思います。


なんだかセンチな日記になってしまいましたが、もう少し頑張ってみようと思いますよ。履く靴がなくなっても裸足で歩き続けるつもりで。
それでは、また。

拍手[3回]

PR
当ブログ内で、僕の取り組んでいる「ネガ」というテーマについて特に説明して来なかったことに気がつきました。
今回は少しこの件について書いてみようと思います。


これは僕が最近描いた作品です。


(クリックすると大きい画像で御覧になれます)

画材は画用紙と色鉛筆です。
色鉛筆の絵としては黒みの占める割合がかなり多く、全体的に暗い色調になっています。色鉛筆で絵を描いた経験のある方ならお気づきかと思いますが、色鉛筆で完璧な黒を求めることはかなり困難です。不可能ではありませんが、多くの手間(黒一色ではなく、他の色もじっくり塗り重ねながら濃い黒を作っていくことが多い)がかかり、また他の明るい色の発色も妨げかねません。
また、通常の絵のように白い紙をベースにしたのではなく、黒い紙の上に明るい色を置いているような状態になっていることも特徴です(プラモデル等を嗜まれる方でしたら、重厚感を出すための塗装法として使われる『黒立ち上げ』を連想されたかも知れませんね)。白ベースに闇を描くのではなく、黒ベースに光を描くことによって、より光が光らしく美しく輝いています。しかし、実際に黒い画用紙に色鉛筆で描いてみると、このような鮮明な色は得られないことが分かります。
それらの諸問題を解決し、且つ印象的な美しさを得る方法が、僕が高校生の頃から取り組んでいる「ネガ絵」という手法です。

上の絵の原画は、実はこんな状態になっています。


(同上)

フィルムカメラで写真を撮ったことのある方なら御存知のネガフィルムのような状態(いわゆる補色)で原画を描き、それをスキャン等でコンピュータに取り込み、画像編集ソフトを用いて「階調反転」することによって最初の画像のような完成形に至る、という回りくどい技法がネガ絵です。


発想の起源は手抜きでした。
高校2年生の頃に映像制作に興味を持ち、友人達と休み時間や放課後にビデオカメラを回し続ける毎日を過ごす中で、カナダのアニメーション作家フレデリック・バック氏の色鉛筆アニメーション作品と出会い、触発された僕らは「色鉛筆でアニメーションを作ってみよう」という企画を立ち上げました。
いくつかのアイデアが出される中で、採用になったのはロウソクを主題にした短い作品でした。
ロウソクの火がモチーフであるなら、背景は暗い方が良い。至極当たり前の考えですが、色鉛筆でそれを実現するのは至難の業でした。何百枚にものぼる動画の1枚1枚を色鉛筆で黒く塗りつぶす手間は想像を絶し、さらに黒く塗りつぶせたとしても均一に塗れなければ背景の黒みがバサバサと目まぐるしく動く映像になってしまう。黒い紙に色鉛筆で描いたのでは、鮮やかに発色してくれない。
テストを重ねて方法を検討し続ける中で、誰が思いついたのかはもはや思い出せませんが、当時使っていたビデオカメラにあった「ネガ撮影機能」の存在に考えが至ったのです。

ネガ撮影で色を反転させてしまえば、白い紙が黒くなる。
恐ろしくシンプルな発想ですが、効果は絶大でした。背景に何も手を加えなくても均一に黒くなってくれるだけでなく、反転を前提として選定した補色の色鉛筆で描かれたロウソクの火は、普通に描いたものよりも火らしかったのです。

これが、その時に作ったアニメーションの一コマです。


これと同じものを普通に描くとなるとかなりの苦労が想像されると思いますが、ネガという手法では実に容易にこうした絵が描けたのでした。
このアイデアに辿り着くと同時に、僕らは「どの色がネガではどんな色になるのか」を実験し、「ロウソクの火は◯番と◯番の色鉛筆」というように細かく色指定を行って、必要な色鉛筆を人数分購入して配布し、アニメーション制作に取りかかりました。

アニメーションの完成とともに、メンバーはこんな奇妙な技法で絵を描くことはやめてしまいました(なにしろ、僕らが描いていたこの奇妙な色の絵が完成した姿は、ネガ撮影機能のついたビデオカメラのファインダーの中にしか存在しなかったのです)が、自前のビデオカメラを持っていた僕だけは、その後も取り憑かれたようにこの技法で絵を描くことに熱中しました。この技法で風景を描いてみたらどうなるだろう。この技法に合ったモチーフや世界はどんなものだろう。楽しい試行錯誤を続けました。

それが今から12、3年前のことです。当時の僕はノートPCは持っていても画像編集ソフトもなく、色鉛筆で描いたネガ絵をビデオカメラごしに眺めてニヤニヤしているだけでした。
数年前にPhotoshopを使えるようになり、昔描いていたネガ絵たちを掘り起こしてスキャンし、「階調を反転」して鮮明なネガ絵の完成データと対面した時の感動は忘れません。

昨年11月のデザインフェスタへの参加が決まり、何か出品出来るものがないかと思案を重ねた末にこのネガ絵のことに思い当たり、宣伝も兼ねて簡単な技法解説を画像も交えてツイートしたところ、瞬く間に大量にリツイートされ、togetterにまとめ記事が出来てビックリする程のアクセスを頂き、とうとうガジェット通信で記事にして頂くまでになった時の驚きと興奮は忘れられません。

「新しい!」「デジタル時代ならでは!」という多くのリアクションには「もう10年以上やってるし、当時は21世紀にすらなっていなかったし、これを始めた頃はパソコンもろくに扱えず古いビデオカメラでやってたんだけどなあ・・・」と苦笑いもしましたが、自分にとっては当たり前だと思っていたことが多くの方達にとっては新鮮な驚きであることに気付かされ、自信と手応えも感じたのです。
そうして今日に至っています。


新しいネガ絵を描きながら「この技法だからこそ出来ることは何だろう」と考えることが多くなり(技法にこだわるあまり、手段が目的化しているのではないか?という疑問と反省も最近はしているのですが、その話はまた気が向いた時に)、その中で「立体にもネガ着彩を施してみたい」という気持ちが強くなりました。
そのひとつの形が、先日のブログ記事にも掲載したデザインフェスタ出品作「ネガ・カエル・ストラップ」です。



高校生以来の粘土作業に悪戦苦闘し、初めての型抜きや樹脂の扱いに四苦八苦し、着彩方法にも課題を多く抱えましたが、とりあえず現時点での成果です。
この画像を階調反転すると、以下のようになります。



結構それっぽでしょ?

ストラップという日常品にネガの世界を持ち込もうという気になったのは、多機能なビデオカメラも、写真を撮ってPCに取り込んでソフトで階調反転する手間もかけることなく、今ではネガの世界を気軽に楽しめるようになったことについ最近気がついたからです。
スマートフォンやタブレットの普及です。
Android機種では画像編集のアプリをインストールする必要があるようですが、iPhoneやiPadではOS全体の色を反転する機能が最初からついているため、目の前のものをリアルタイムでネガにして楽しむことが出来ます。
やり方は、

「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「色を反転(オフ→オン)」

これで画面全体の色が反転されます。この状態でカメラを起動すればOK。
先程のネガ・カエル・ストラップもこのように楽しむことが出来ます。


(カメラごしにディスプレイを写しているので若干色味が変わっています。肉眼で見ると綺麗ですよ!)

さらに、
「アクセシビリティ」→「ホームをトリプルクリック」→「色を反転」
に設定すれば、ホームボタンを3回クリックするだけで上記の説明と同じ効果を得られるので、反転作業はより容易になります。
是非お試し下さい(より綺麗にネガの世界を楽しむコツは、色を反転して鑑賞したい対象にはできるだけ均等に光を当てるということです。影が出来ると、その部分は白くなってしまい、色彩を楽しむ妨げになります)。


ネガという技法の特性や魅力を考える中で、現在は立体に興味を持っています。イラストという平面のデータでは、普通に描いたものだろうとネガ着彩で描いたものだろうと完成形態に差はありませんし扱いも価値も並列ですが、立体作品ではその存在意義も異なってきます。デザインフェスタの会場にiPadを設置し、お客さんに実際にネガの世界を体験して頂いてその反応を見たことで、その方向性に手応えも感じました。
目の前の空間が一瞬にして異世界になる、そんな作品を夢見ています。
いつ実現するか分かりませんが、取り組み甲斐のある課題ではないかな、と思うのです。

長くなってしまいましたが、それでは、また。

拍手[25回]

デザインフェスタvol.37、無事終了しました。
足を運んで頂いた方々、遠方から応援して頂いた友人達に心から感謝です。

前回のデザインフェスタでは、参加は決めはしたものの何を出品すれば良いのかなかなか決められず、土壇場になって「ネガ絵」という珍妙な特技を思い出し、大急ぎで3枚の絵を仕上げて印刷屋さんにポストカードやレターセットの量産をお願いしたような経緯だったのですが、今回は前回分の経験や在庫がある分気持ちにも余裕があり、且つ新しい要素を、と思って臨みました。

今回の新作品としてネガ着彩を施した立体物を構想し、ストラップという形で出品しました。



これはネガ着彩のカエル・ストラップです。(上が原色/下が階調反転後)
カメラのついたスマートフォンやタブレット(特にiPhoneとiPad)の普及によって、誰でも目の前の光景を階調反転したネガの世界で眺めることが可能になった今だからこそ、こういう作品もあっても良いのではないか、という試みの一つです。
手探りの試みと慣れない立体造形に悪戦苦闘を強いられましたが、こうしてひとつの形になったことは今回の喜びの一つでした。
今後さらに造形の特訓を積んで、よりクオリティの高いネガ・カエル・ストラップを披露出来ればと思っています。




これは試作品のひとつで、僕のモチーフのひとつである「星の博物館」の立体化第1弾です。(同上)
量産化に間に合わなかったためデザインフェスタでは現物の展示に留まりましたが、今後さらに煮詰めていきたい作品のひとつです。




これはネガ作品ではありませんが、ストラップとして制作した「おかずちゃん」というオリジナルのキャラクター商品で、共同出品者しりさん(←クリックするとしりさんのブログにジャンプします)とのコラボレーションです。デザイン、造形を僕が担当し、着彩をしりさんが担当してくれました。


実はこうした新しい作品はほとんど売れなかったのですが(笑)試してみたかった立体へのネガ着彩の第一歩として手応えと課題を残してくれたので、トライして本当に良かったですし、このままやりっぱなしにせず、さらに突き詰めていければと思っています。
また、今回は会場にiPadを持ち込み、その場で画面上でリアルタイムに階調反転した世界を楽しんで頂けるようにしました。会場に展示した原画をiPadごしに眺めて喜んでくださるお客さんの表情が、僕の創作意欲の大きな糧になりました。

次回のデザインフェスタには参加予定はありませんが、じっくりと作品の形態や特性、テーマと向き合って磨きをかけ、また何かの形でお披露目できる日がやってくると思いますので、楽しみにして頂けたら幸いです。
また、フェスタ用に作成した様々な雑貨はネットでも買えるようにしていきたいと考えていますので、そちらもお待ち頂けたらと思います。


それでは、また。

拍手[5回]

年が明けます。

2012年ってどんな年だったろうと考えても、大局的に見れば「2011年の続き」という印象の濃い年だったように思うのですが、
こと僕個人に事に限って言えば、なんだかとても幸福な1年間だったように思います。

惰性で過ごすことの多かったここ数年間でしたが、本年は自分の創作の面でのささやかな飛躍がいくつかの点で実現でき、またそれらを御覧頂いた方々からのリアクションにも触れる機会に恵まれて、とても励まされた年です。


やはり、10月の「ネガ絵」に関する一連のツイートを実に多くの方に読んで頂き、Togetterの記事にまとめて頂き、さらにそのまとめをガジェット通信等で取り上げて頂けたことは、本当に励みになりました。ありがとうございました。

togetterさんのまとめ記事はこちら

ガジェット通信さんの記事はこちら

11月のデザフェスでも、「twitterを見て来ました」と何名もの方に声をかけて頂きました。
ご来場頂いた皆様、本当にありがとうございました。


反省も多くあり、それらを踏まえた2013年にしていけたら、と思っております。
何卒、来年もよろしくお願いいたします。


それでは皆様、良いお年を!!

拍手[0回]

帰省 
夏ぶりに1泊だけ帰省したのだが、
両親から「もう少しブログを更新しろ」というような言葉をもらった。
仰るとおりです・・・

年内にあと1、2回は何か書こうと思いますよ。

拍手[0回]

普段はよく絵を描いて過ごしています。

元々は典型的なアナログ派で、特に色鉛筆を好んで使用していました。
またいずれ細かく書こうかと思いますが、色鉛筆でちょっと変わった絵を描いたりしています。
ここ数年、デジタルで描くことも徐々に覚え始め、基本的にPhotoshopで作業することが多くなりました。描ける絵の幅が広がる楽しさがあることは確かですが、原稿がデータというのは心もとなくて、相変わらずアナログの方が好きです。

pixivというイラスト投稿サイトにいくつか絵を掲載しています。
色んなタイプの絵を節操もなく投稿しているので、あまり画風というか統一感に乏しいのが強みでも弱みでもあるという感じで。

pixivは登録しないと基本的に閲覧出来ません。無料ですが、登録するのは面倒だなという方はこちらへ→ twitpicという写真投稿用のサイトですので、絵以外も多いですが。

もう少し色んな場所で絵を御覧頂けるように露出の幅を広げていけたらな、と考えているので、進展があったらまたご報告いたします。

それでは、また。

拍手[0回]

拍手[0回]

初回 
初めまして、iTempoと申します。

初めてのブログです。
よくわからないまま作成していますが、徐々に色々と更新して行けたらと思っております。

何卒宜しくお願い申し上げます。
それでは初回はこれにて。

拍手[0回]

| top |
|
当頁の主人
HN:
iTempo
性別:
男性
職業:
イラストレーター
自己紹介:
ご用命はコチラまで。
epi.de.ciel@gmail.com
最新記事
最新CM
[01/16 うたうねこ]
[01/05 正宗]
[01/01 しぐれねこ]
[01/01 iTempo]
[12/31 しぐれねこ]
カテゴリー
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最古記事
(11/04)
(11/04)
(11/06)
(12/29)
(12/31)
バーコード
P R
ブログ内検索
忍者カウンター
忍者アナライズ
忍者ブログ[PR]